紙袋の仕上げの表面加工について説明します

紙袋の表面加工には、PP(フィルム)貼り、マットPP貼り、印刷ニス(OPニス)、 箔押し(金色、銀色等)、型押し(浮き出し)があります。

PP貼り加工

PP貼りのフィルムは光沢のあるグロスと光沢の無いマットの2種類があります。

PP貼りの特長として、見た目の美しさ、上品さがあります。また強度が高くなり、インキの色落ち防止という効果があります。

コート系の用紙にはPP貼り加工が必ず必要です。

印刷ニス

デザインの印刷の後にニスを重ねて印刷します。インキの表面を覆うようにニスの皮膜が出来ますので、色落ち防止の効果があります。但しニスの膜は非常に薄いために擦ると簡単に剥がれてしまいます。完全に色落ち防止が出来るのはPP貼り加工です。

箔押し加工(ホットスタンプ)

紙袋のデザインで特に目立たせたい文字、絵柄がある場合には、その部分だけを金色または銀色で箔押しすると効果が絶大です。
文字や絵柄の金型を作り、箔を蒸着させたフィルムを用いて、熱で圧着する手法です。
印刷インキは紫外線等の光で劣化して変色したり薄くなったりします。箔押し加工の文字は劣化しないので、古くから時計の文字盤に広く採用されています。

このページの先頭へ