一般紙よりも強度が高い包装用紙の種類と特長

 包装用紙の原料は繊維の長い紙パルプです。一般紙は繊維の短いパルプを原料としています。 繊維が長いと結合が強いので、引っ張って破れにくいという特長があります。 そこで紙袋や包装紙には専用の包装用紙を使うのです。

晒クラフト紙
 最もポピュラーな紙袋用紙です。デパートのサービスバッグ、店舗のショッピングバッグ、土産店のサービスバッグなど 様々な場面で幅広く使われている包装用紙です。製造数量が多いものは巻取り紙で印刷・製袋しております。 またそれほど大量とまでいかない製造数量のものは平判で印刷・製袋します。 巻取り原紙も平判原紙も流通量が大きので不足して困ることがありません。 また用紙価格も常に安定しているのです。

 印刷適性が良いので、色ムラや定着不良のような印刷不良が発生することがありません。 製袋機との相性も抜群で、加工時に紙切れやシワなどの製袋不良が発生することもありません。 少量の手貼り製袋にしても折り目が付きやすく加工しやすい包装用紙です。

メーカーによって白色度に多少の違いがあります。メーカーごとの商品名です。
大王製紙:スノークィーン
日本製紙:ラッパN
紀州製紙:晒クラフト

 晒クラフト紙には未晒、半晒、晒という種類があります。 原料のパルプそのままのナチュラルの茶色を生かした未晒と少し脱色した黄色の半晒、そして完全に脱色して白色に加工したものが晒です。 薬品で茶色から白色に漂白する、つまり晒すことから晒クラフトという名称になっております。

晒片艶クラフト紙
 晒クラフト紙の片側の面に平滑性を高める加工をした包装用紙です。片面に艶があるので片艶という名称になっております。 艶面に印刷することで晒よりも印刷仕上りが向上いたします。 未晒と半晒には片艶がありません。

メーカーによって白色度に多少の違いがあります。メーカーごとの商品名です。
大王製紙:晒竜王
日本製紙:キャピタルラップ
紀州製紙:紀州ラップ

エスプリコートFM
 日本製紙が製造しているコート系の包装用紙です。一般印刷用のコート系は上位ランクから、キャスト、A1(アート紙)、A2(コート紙)、A3(軽量コート紙)となっています。エスプリコートFMはコート系のランクが一番上のキャストでベースの原料に長い繊維のパルプを使った包装用紙です。カラー印刷の仕上りは最も美しく他の印刷用紙を抜きん出ております。強度も有り申し分の無い包装用紙です。

リュオーコート
 大王製紙が製造しているコート系の包装用紙です。ランクはA2コートと同じです。カラー印刷の仕上り品質はエスプリコートよりも落ちます。

コニーラップ(着色された包装用紙)
 リンテック社が製造している着色された晒クラフト紙です。晒クラフト紙の製造過程で染料を混ぜて作る包装用紙です。 同じような製品に大王製紙の色クラフト紙があります。

紙が着色されているので、紙の両面とも同じ色です。ベタで印刷するよりも色に深みがあります。価格が高いことが難点です。

包装用紙以外の紙

 一般印刷用のA2コート紙が包装用紙の代用として使われるようになりました。晒クラフト紙よりもカラー印刷の綺麗な仕上りを望むが、エスプリコート紙は予算が合わないというケースで代用されます。

 用紙だけのコスト比較では、エスプリコート紙は晒クラフト紙の1.5倍の価格です。A2コート紙はその間の価格になります。紙自体の強度はエスプリコートより劣りますが、重量物を入れない限りは手提げ袋として問題ありません。

 A2コート紙はPP貼り加工をすることで製袋機で加工することが出来ます。

 その他の一般印刷用紙でも手提げ袋を作ることが出来ますが、製袋機で加工することが出来ません。したがって手貼り製袋加工になりますので、その分コスト高になってしまいます。

このページの先頭へ